Top of this page
Skip navigation, go straight to the content

てんかん

てんかんは世界中で5,000万人の人々が罹患しており、比較的よく見られる重篤な神経障害です。これは人口の0.5~1.0%がてんかんに罹患していることになり、日本においてもこの割合はほぼ同様ですので、約100万人のてんかん患者さんがいると予想されます。

てんかん患者さんは、脳の一部(部分てんかんまたは焦点てんかん)または全体(全般てんかん)が過度の電気的興奮を生じることにより、発作を繰り返し起こします。発作は、感覚の喪失、筋痙縮、異常な動作、短時間または長時間の意識の混濁または消失など、いろいろな形態を取ることがあります。

てんかんは、おもに新生児や幼児に起こりますが、成人にも発症することがあり、65歳以上の人にも起こります(通常は頭部外傷、脳腫瘍、または脳卒中後に起こります)。新たにてんかんと診断を受けた患者さんのうち、10人中6人では原因が分かりません。

てんかんそのものによって脳に損傷が起こることがあり、死亡に至ることもあります。このため、てんかんに対して有効な治療を行うことがとても重要になります。

てんかんの治療

てんかん治療の最終目標は、発作が起こらなくなることです。適切な治療により、てんかん患者さんのうち、10人中7人では発作が起こらなくなります。

発作は、脳内の過度の電気的興奮によって起こります。抗てんかん薬はすべて、過度の電気的興奮と発作を引き起こす脳細胞内の「神経伝達物質」(化学物質)の不均衡を正すことを目的としています。抗てんかん薬は様々な機序で作用します。てんかん患者さんの多くは、発作のコントロールのために2種類以上の抗てんかん薬を服用する必要があります。

従来の抗てんかん薬のいくつかは、重篤な副作用を起こすことがありますが、新規抗てんかん薬は副作用が比較的少ないとされています。

服用している抗てんかん薬が患者さんに合っているかどうかを調べるため、少なくとも1年に1度、専門医を受診することが勧められます。それにより、患者さんは発作をコントロールすることが可能になり、これは生活をコントロールすることにもつながります。