Top of this page
Skip navigation, go straight to the content

患者さんの体験談

これらのページには、患者さんやそのご家族がてんかんや関節リウマチにどのように立ち向かっているのかというストーリーを紹介しています。他の患者さんの経験を共有することによって、人生に前向きな変化をもたらすことができるかもしれません。他の患者さんや医療コミュニティとつながりを持って知識を共有することは、より深く知るための鍵となります。

関節リウマチ

image description

アリス・ピーターソンさんは、若い頃から有望なテニス選手でした。アリスさんはテニスを愛していてそれは彼女の情熱そのものでした。彼女はイギリスのジュニア・テニスサーキットに出場し、米国の大学で勉強するテニス奨学金を勝ち取りました。アリスさんは右手の痛みに気付きはじめ、その不快感はスポーツでの怪我のせいだと思っていました。痛みは来ては去って行くの繰り返しでした...しかし決勝戦でプレイした時にはラケットを適切に握る事さえできない状態でした。彼女は18歳の歳に関節リウマチ(RA)と診断され、それ以来再びテニスをする事はできなくなってしまいました。

関節リウマチと共に生きるアリスさんのストーリーについてもっと読む