Top of this page
Skip navigation, go straight to the content

製品紹介

コ・プロモーション製品

●イーケプラ

「イーケプラ®錠250mg /イーケプラ®錠500mg」( 一般名:レベチラセタム)は、脳のシナプス小胞タンパク質2A( SV2A)に結合する新しい抗てんかん剤です。本剤はユーシービーグループが創薬し、海外では「Keppra®」のブランド名で販売されています。「 Keppra®」は成人てんかん患者の部分発作の治療薬として1999年に米国、2000年に欧州で販売され、日本では「イーケプラ®」として大塚製薬株式会社から2010年9月に販売され、現在では全世界で600万人の患者さんに処方されています。2013年1月現在では、成人適応では欧米をはじめ100以上、小児適応でも欧州をはじめとする80以上の国または地域で承認されるなど、小児に対しても広く使用されています。日本では2013年5月に「 4歳以上の適応」を追加取得し、さらに2013年6月には、「イーケプラ®ドライシロップ50%」( てんかん(部分発作)の併用療法の成人、並びに4歳以上の適応)の承認を取得しました。

てんかんは、小児期と高齢期で発症率が高い疾患で、「イーケプラ®ドライシロップ50%」は、水に溶かして服用する粉末の薬であるため、小児の患者さんのみならず、高齢者を含む成人患者さんで錠剤を飲みにくい場合にも使用しやすい剤形です。また、用量調整が可能ですので、4歳以上の小児てんかん患者さんの体重に合わせて使用できます。

●シムジア

成人関節リウマチ治療剤「シムジア®皮下注200mgシリンジ(一般名:セルトリズマブ ペゴル)」は、既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)への効能を持つ治療剤です。本剤はユーシービーグループが創薬し、アステラス製薬株式会社から2013年3月に販売されて以来、多くの患者さんに処方されています。

シムジア®は、関節リウマチの患者さんが使いやすい形状に配慮したプレフィルドシリンジで、通常、成人にはセルトリズマブペゴル(遺伝子組み換え)として1回400mgを初回、2週後、 4週後に皮下注射し、以後1回200mgを2週間の間隔で皮下注射します。症状安定後には1回400mgを4週間の間隔で皮下注射でき、患者さんのライフスタイルに合わせた投与として自己投与が可能になるなど、新たな治療選択肢を提供しています。


抗てんかん剤イーケプラ®
E Keppra® tab

抗てんかん剤イーケプラ®ドライシロップ
E Keppra®Dry syrup

関節リウマチ治療剤シムジア®
CIMZIA®