Top of this page
Skip navigation, go straight to the content

Activities for Patients

活動紹介

患者さんが笑顔を取り戻し、人生の喜びを感じていただきたい ―

ユーシービージャパンは、抗てんかん薬や関節リウマチ薬を扱う製薬企業としてより良い医療を目指していますが、それだけではありません。私たちは、問い続けます。社員一人ひとりに、何ができるのか? そのためには、何が必要なのか?

患者さんや病気と率直に向き合っていくため、疾患をより深く理解し、患者さんの苦しみを感じ取るさまざまな機会を作り、より良い治療の実現に向けて活動しています。

 

「てんかんinfo」ウェブサイトの開設・運営

(大塚製薬株式会社と協力)

「てんかん」を正しく理解し、疾患をもつことへの不安や差別・偏見をなくすことを目的として、その治療方法、日常生活における留意点を分かり易く解説すると共に、“医師からのメッセージ”や“ 患者さんとご家族の声”なども掲載しています。

 

エピレプシー・アドボケーツ・プログラム

(大塚製薬株式会社と協力)

「エピレプシー・アドボケーツ・プログラム」は、「てんかん」を持つ方々またはそのご家族が他の当事者に自らの体験談を話し、ひとりで悩むことなく、「てんかん」を持ちながら前向きに生きる希望を与える場( てんかんコミュニティ)を提供することを目的に、2006年からユーシービーグループが世界規模で実施しているプログラムです。

日本でも2011年5月に6人のエピレプシー・アドボケートの皆さんが研修を終え、活動を開始しています。

 

日本てんかん協会主催の「てんかん基礎講座」の支援や「てんかん月間」イベントへのボランティア参加

ユーシービーグループは、日本てんかん協会が毎年夏に「てんかん」を持つ方々とそのご家族、および福祉施設の介護士を対象に、疾患啓発や各種の情報提供を行うために開催する「てんかん基礎講座」の開催を支援しています。また、「てんかん月間」でのイベントにも社員や家族がボランティアとして参加し、スタッフ個々に芽生えた「患者さんの笑顔のために」という意識の実践につながっています。

 

てんかん患者さんと医師とのコミュニケーションツール日誌アプリ「Epi Diary」(大塚製薬株式会社と協力)

「Epi Diary 」は、てんかん患者さんとそのご家族や介護されている方が、日々の発作や体調、服薬状況をiPhone上で簡単に記録できるアプリです。自分の状態を一目で振り返ることができるだけでなく、その情報を医師と共有することで適切な診断やより良い治療に役立てていただけます。

 

APAC Patients Day

ユーシービーグループは、Patient Centricity を共通の企業理念としています。Asia Pacific areaの5ヵ国が同じ日に患者さんについて理解を深めるイベントを実施する等、グループ全体で活動に取り組んでいます。

 

患者さんとのパートナーシップを築くPatients 活動

ユーシービージャパンでは年間を通して、てんかん患者さんとの交流会や患者さんと医師との対話セッション等を定期的に開催しています。これらは社員が企画・運営しており、患者さんに寄り添いながら、より良い治療を考える医師の生の声を聞くことで疾患に対する理解を深めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てんかんinfo    http://www.tenkan.info

 

エピレプシー・アドボケイツ・プログラム

 

Epi Diary

APAC Patients Day